価格をできるだけ高く

不動産のメリットを知る

かつては不動産は資産になると言われてきました。ここで言う不動産は土地と建物両方のことです。不動産を所有すれば土地も高騰していくため、その土地を売ることでお金を得ることができたからです。 ところがこの神話もバブル崩壊とともに崩れていきます。つまり、今まで土地を多く所有する人が金持ちだったのに対して、バブル前に土地をたくさん持っていた人が貧乏に転落しました。これによって大きな借金を抱える人が増えたのです。 不動産が資産と認識されるのは土地の価格が上がり続ける時だけでそれ以外は負債と認識しておけば間違いないでしょう。 今のところ土地の値段が上がっている地域は都心部のベッドタウンです。もし、土地を購入するならベッドタウンの土地がいいでしょう。

最近のトレンドについて知る

最近の不動産のトレンドは何でしょうか。かつては別荘だったり、マンションを経営することだったりといろいろなトレンドがありました。しかしながら、別荘はうまく利用しないと固定資産税を毎年払ってしかも別荘の管理費を考えると赤字になりかねません。マンションの経営も不動産投資の一つとして流行っていますが、地方都市のマンションでは少子高齢化の波にのまれ、空き家が多くて下手に手を出すと次の買い手が見つかるまで負債を抱えることになりかねません。 最近のトレンドは都会に駐車場を作ることです。駐車場は土地さえ購入すればその後は土地を舗装すればほぼ完成で、しかもまだまだ都会では一定の需要があるからです。収益は多いとは言えませんが、場所さえ間違わなければとても安定した経営ができるのです。